日本人はうちわを大切に考えているのでうちわで自己表現しようとする

運動会でオリジナルのうちわを作るのも良いことだと思います。自分のクラスの番号を買たり、人の名前をかくことで応援うちわが完成すると思います。うちわをパタパタあおぐことで、応援の意志を競技している人たちにも伝えることができるのではないでしょうか。それはアイドルのコンサートでうちわを使うのとよく似ていることだと思います。自分の気持ちを遠くにいる人たちに伝えるために、使用するのがうちわというアイテムなのではないでしょうか。風を作るという実用性のあるアイテムですが、実はそのような実用性よりも他の事で使われている場合も多いのだと思います。それだけ日本人はうちわを大切に考えているのだと思います。他のものではなくうちわで自己表現を考えているのです。